スモッカの入居お祝い金キャンペーンの注意点

財テク
スポンサーリンク

7月に今の賃貸に入居してはや5ヵ月がすぎキャンペーンに応募しました。

今は実際に振り込まれるのを待っている状態ですがこのキャンペーン、応募者に現金を払うのを回避しようとする罠がたくさん仕掛けられているので注意点を簡単にまとめました。

問い合わせは部屋ごとに行分ければならない罠

応募の条件としてスモッカから問い合わせを行う必要がありますが例えば同じアパートの101号室と202号室が空いていてスモッカで問い合わせた部屋が101号室のみで内見を行った結果202号室を契約したとしましょう。そうするとスモッカで問い合わせた部屋は101号室のみなのでお祝い金を貰うことはできなくなります。

これを防ぐためには実際に部屋に行く前に面倒でも興味をもった部屋の数だけ問合せを行う必要があります。

問合せと別で事前申請を行う必要がある罠

スモッカに問い合わせた後でも油断してはなりません。

問い合わせ、内見予約後の4日以内に「事前申請」の処理を行う必要があります。問い合わせを行ってスモッカから自動返信されるメールにあるリンクから自動申請することで一段落です。

楽天銀行じゃなければお祝い金を受け取れない罠

事前に口座を開設しておきましょう。

半年後たった日付から14回内にキャンペーンの応募をしなければならない罠

この見出しのタイトルの通り事前申請後、きっかり半年後、しかも14日以内にかなりの量の入力を行わなければなりません。スマホのスケジュールに日程を入力していないとうっかり忘れてしまうのできちんと管理する必要があります。

イライラする量の入力をしなくてはならない罠

ここが一番たいへんなところです。

最寄り駅のいいところについて300字以上400字未満で入力してください。といった項目が相当数あります。すべての入力文字を数えたら約2200文字となりました。

入力にあたっての注意点を箇条書きします。

  1. エントリーする月か前月の公共料金の写真が必要となるので捨てないこと。
  2. 事前エントリーした名義と契約した名義が違う場合キャンペーンに応募できない。
  3. 50字以上100字以下で入力する項目は文字のカウントをしてくれないので文字が過不足ないよう注意が必要。
  4. 最寄り駅の写真とおすすめスポットの写真を3枚ずつ自分で用意する必要がある。
  5. 問い合わせ後来店した日を入力する必要がある。(半年前のことなんて普通覚えてない)

Ryokaiのような半ニートな生活をしている人間なら問題ないが、半年後の14日以内がリミットなので余裕のない人は最寄り駅の写真とおすすめスポット写真を事前に撮影しておいたほうが良いです。後はパソコンの前で完結できる作業です。

メールに返信しないとエントリーが無効になる罠

応募完了後も油断できません。

応募を完了した月の翌月中旬ごろまでに応募内容確認のためのメールが送られてくることがあるそうです。これに7日以内に返信しない場合エントリーが無効になるという文言がありました。

加えてドメイン指定受信をしている場合、解除設定をするようメールで指示されるので応募後のメールはしっかりと確認しましょう。

最後に

なんとか応募完了しましたがRyokaiもお祝い金が貰えるか半身半疑です。

3時間近く作業してダメだったらぶちぎれてしまうかもです。進捗ありしだいまた報告します。みなさんもスモッカもとい運営会社、株式会社じげんの罠には注意してお祝い金をゲットしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました