芸能人の薬物利用=甘え、ではない【Vlog】

薬物依存 Youtube
スポンサーリンク

とりあえず初めてYouTubeに動画をアップしました。

動画編集もスマホで行いました。初めて動画編集のアプリを操作しましたがスマホであれだけの効果が設定できるとは驚きました。VideoShowというアプリです。

一通り動画UPまでのプロセスを確認する意味合いもあってほとんど編集といえるものではありませんが。

芸能人の薬物利用=甘え、ではない

スポンサーリンク

薬物の利用とその専門家

最近田代まさし氏や沢尻エリカ氏が薬物の利用で捕まったことについて思うところを語りました。彼・彼女らは薬物のサバイバーとしてこれから生きていかなければならいので自分自身のサバイブではないのですが取り上げました。

Ryokaiは十代のころ夜回り先生こと水谷修先生を勝手に人生の先生と仰ぎ著書のほとんどを読破しています。水谷先生はこの日本で数える程しかいない薬物の専門家です。

スポンサーリンク

薬物利用の恐ろしさ

薬物はその種類にもよりますがお酒やたばこの数千倍から数万倍の依存性があるといわれています。人の意思の力でこの薬物依存という病に太刀打ちすることは不可能です。依存症になるとまず体調と気分のアップダウン、薬が切れた時の禁断症状などからまともに仕事ができなくなります。経済的に厳しくなれば身近なひとからお金をうばってでも薬物をやり親しい人間関係がなくなります。それでも使い続ければ脳・神経系に深刻なダメージが蓄積していき最後には死に至ります。このプロセスの途中で犯罪を犯してでも薬物を入手しようとする人もいる程で、警察に捕まることは強制的にストップがかかるという意味ではまだ幸せなことなのかもしれません。

スポンサーリンク

薬物中毒者を厳罰に処しても逆効果

松本人志さんなど一部の芸能人が今回の事件を機に薬物を利用した人に対する厳罰化を推していますが逆効果であると私も考えています。ホリエモンこと堀江貴文さんは厳罰化に反対されていましたが私もこちらよりです。薬物中毒は「依存症」という脳の病気です。風邪にかかった人を厳しくしかりつけたり、あるいは愛をもって優しくしたところで風邪は治らないです。当然、依存症も病気なので一緒です。必要なのは専門の医師や機関による適切な「治療」と薬物利用者を薬物を配ったて利益をえている組織の被害者と考えることだと思います。

海外では薬物を配る人間には死刑も含めた厳しい罰が科せられますが薬物利用者はそれらの被害者と考えまず治療を施す仕組みがすでにできています。

スポンサーリンク

厳罰化の先にあること

罪を犯したのだから罰せよ、という考え方はある意味当然かもしれませんが仮に罰を重くしたところでさらに社会への復帰への困難さが増し、その苦しみの中で再度薬物に手を出すという悪循環を後押しするだけです。そうなった時、善良な市民が犯罪の被害に遭うかもしれません。

ある薬物中毒者は自分が薬物を買うために通行人をバットで襲い、半身不随にされてしまったという事例もあります。薬物を使ってしまった人に厳罰よりも適切な治療を行うことは私たちの暮らしを守るためにも必要なことだと考えています。

スポンサーリンク

DARC(ダルク)という存在

全国各地に薬物中毒者の回復と社会復帰を支援するダルクという施設があります。田代まさし氏はダルクを利用しテレビに出演して依存症の恐ろしさを訴えていただけに今回の事件は依存症の難しさを感じました。私は田代まさし氏が特別に弱い人間だとは思いません。一度薬物を使い依存症という病気になれば恐らく誰でもその力にあらがうことは難しいのではないかと思います。強いて言うなら最初の一度目を使う弱さは責めるべきかもしれません。

日々このような施設で依存症と格闘されている方たちに対しても世間の無責任な意見は悪影響になるのではないでしょうか。

日本が薬物と依存症という病の正しい知識を身に着けその治療を推進できる世の中になることをねがっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました