働けないニート、引きこもりには地方がおすすめ

九州画像 日記
スポンサーリンク

いまわたしは大分県のなかのさらに田舎にすんどります。

田舎ぐらしはメリット、デメリットあると思いますが生活のコストを抑えることは可能です。

こういった物件がざらにあります。前に自分がすんでたところは家賃15,000円内でしかもネットや水道も含んでいました。

保証人を立てる必要がなかったり、「生活保護の方OKです」みたいな補足が記載されている物件もありました。

生活のコストが大幅に減るので、失業したりニートだったりする人やネットで仕事ができる人にはいいのかな、と思いました。

スポンサーリンク

鹿児島へ戻ることを決めた

今年度中に鹿児島にもどるよう、計画をすすめています。

大分県での仕事もけっきょくダメになってしまい、ここにいる理由はもはやないのです。

住居として目をつけている市営住宅へ下見に行くために市役所に連絡をしたのですが アポイントをとった役所の担当者の塩対応に不安を感じています。

いちいち相槌の「はい」「はい」にめんどくさい、というオーラがかもしだされていてむかつきました。

これまでも市役所の人間には何度もイラつかされています。舐めた対応がほんとに許せません。

こいつらをクビにしてペッパーでも導入したほうがいいのでは、といつも思います。

とにもかくにも下見は必須みたいですので週末、鹿児島へいってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました