引きこもり、体を鍛え、気分を変える

空手画像 Youtube
スポンサーリンク

普段なかなか家からでることが無い私なのですが、普段から運動するようにしています。

17歳ぐらいのころから24歳ぐらいの間断続的に辞めたりもしてたのですが空手をやっていました。それまで運動らしい運動をしたことがなかったのですが17歳当時は「強くなりたい!」という思いが強かったのと、道場での人との出会いに恵まれてなんとか続けることができました。

その時に学んだことをシェアしようとおもい動画を撮ったのですがまだまだ編集の技術を磨いていく必要性を感じています。

サムネ画像

↑画像クリックで動画に飛びます↑

これでも昔は空手にはまって相当鍛えていました。ただ体を物理的に強く鍛えても精神面、心の強さのようなものは下の下から下の中か上に上がった程度だと思います。

小学校、中学校で受けた心の傷は深いもので私に必要だったのは強くするよりも治療が必要だったのだといま痛感しています。また、私は生来感受性が強くそれは決して弱さではなかったのではないかと考えています。

十代の若いころに受けた心の傷は一生を左右するものだとつくづく思います。空手をやるには遅すぎたのだと思います。とはいえ空手に救われた、変われたと思う部分も多分にあります。もし空手をやらなければ高校生でもいじめられていたかもしれません。いじめられこそしなかったもののやはり人と仲良く、友達を作ることはできませんでした。

社会にでてからも職場で人間関係を良好に保つことが大の苦手でした。10歳のころにひっこすまでは学校が大好きで友達もおおかったのですが。長期にわたるいじめは人格を変えます。いじめというより犯罪です。

そういった状況でも体を動かすことでつかの間でも嫌な気持ちを忘れたり気分を変えたりすることに運動は役にたちまちた。抗うつ剤を飲むくらいにエクササイズは気分を良好にすることに効果があるみたいです。

動画ではジャブとストレート左右のそれぞれの構えで50回ずつやっていますが、カメラが記録されていなかったりトラブルがあって結局400回ぐらいパンチを打ち出しました。次の日めっちゃ背中が筋肉痛でした。

私自身も積極的にトレーニングしなおしていこうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました