ベトナムはホーチミン、戦争証跡博物館へいく【戦争反対!】

戦争証跡博物館画像
スポンサーリンク

ベトナムへ滞在して四日目。今日は戦争証跡博物館へ行ってきました。

ここはベトナムに関連した戦争の歴史について知ることができます。その中でもやはりベトナム戦争に関連するものが多く展示されていました。

戦争証跡博物館の営業時間は7:30〜18:00で年中無休とのことでした。展示物については基本ベトナム語と英語ですが3階に展示されている日本人写真家、石川文洋さんと中村梧郎さんの写真展示については日本語による説明があります。私は結構急ぎ目のペースで見たので1時間程時間をかけましたがじっくり見れば1時間30程かかると思います。

英語ではWAR REMNANTS MUSEUM。

敷地内には戦争で使われた兵器が展示されていました。

戦争証跡博物館入口画像
戦車画像

ベトナム戦争時は日本でも反戦活動が活発だったみたいです。

日本反戦画像
反戦書籍画像
反戦本画像

ベトナム戦争時には有害物質であるダイオキシンを大量に含んだ枯葉剤が領土の25パーセントに散布されたと言うことでした。それによって様々な障がいを持った子が生まれその孫も障がい抱える事もあり現在もその爪痕を残しているという現実がありました。

障がいを抱えた方達が作ったお土産の販売や反戦・障がいをテーマにした絵の展示がありました。

障がい画像
障がい画像
障がい画像

この他にもたくさんの素晴らしい絵がありました。喜びや悲しみの表現がダイレクトでとても感動しました。

3階にはベトナム戦争の写真を撮影した石川文洋さんの写真展示があり日本語での解説があり見応えがあります。

その他、かなりショッキングな写真もあるので心して見に行った方がよいです。私は平和のありがたみを目を覚まして自覚するよい機会となりました。

ホーチミンに滞在される方にオススメしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました