久々に和やかな会話に加わり人に対して恐怖を抱いていることに気付いた

対人恐怖症画像 日記
スポンサーリンク

私は週に2,3日在宅勤務でお仕事しています。

週に一度ミーティングがありそこでは会社に直接勤務している方と在宅メンバーが勢ぞろいします。

会議のあと在宅メンバーでちょっと会話タイムがあるのは知っていたのですが自分はそういうのが苦手なので会議終了と同時に早々に通信を切っていました。

けれども、在宅メンバーで仲良くさせてもらっている女子からそれとなく誘いを受けて会話に参加してみることにしました。

全員で4人で会話する形であったのですが、最初、かなりびびりました。ただ話主導権をにぎっているかたがどんどんお話しをしてくれるので私は少しずつ気持ちが落ち着いてきてその雰囲気にとけこめました。

こんなにいい雰囲気で多数の人と会話をしたのは久しぶりでした。

確かに自分がしゃべったのは少なかったのですが、「人としゃべる」ということがこんなにも気持ちを楽にするものかと思いました。

それと同時に自分は人に対してぬぐい切れない恐怖を抱いているのだということに気付きました。

表にはだしていなかったけれどもメンバー全員良い人たちでありながら恐怖を感じていたのです。

改めて十代の頃のいじめや社会にでてからのパワハラが自分の心にトラウマとなっていることを感じました。

これを乗り越えるには苦しくても人と関わるしかないのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました