【もう精神科と関わりたくない】うつ病に処方される向精神薬の断薬に挑戦

断薬 日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

向精神薬薬の断薬に挑戦

向精神薬薬の断薬に挑戦

私はうつ病を発症して心療内科にかかってすでに十年以上の時間が経過しています。

その中で幾度となく断薬、つまり医師から処方されている向精神薬の服薬を辞めることに挑戦し、そしてその数だけ失敗してきました。

断薬を失敗する理由は、薬をやめたときの離脱症状に耐えられなかったからです。

この記事を見てくれている方ならわかるかもしれませんが、向精神薬をやめたときにかんじるイライラや意欲の低下、集中力の低下は耐え難いものです。

スポンサーリンク

断薬はできてないが減薬には成功している

断薬はできてないが減薬には成功している

自分のうつ病にたいしてこれまで様々な薬を使用してきました。

それに加えて私の場合は後年、発達障害のグレーゾーンであることも判明してストラテラといった発達障害にたいして処方される薬も使用してきました。

これまでパキシルやアルプラゾラムといった特に離脱症状が強い薬から漢方やタンドスピロンクエン酸という依存性や効果の弱めな薬いシフトしてきました。

ググればわかりますがアルプラゾラムという薬はベンゾジアゼピン系と呼ばれる依存性の高い薬です。

パキシルについても同様に依存性の高い薬です。

これらの薬から弱めの薬へ減薬した時は仕事を辞めている状態でした。

離脱症状がきつくて仕事を持った状態では減薬をやりきる自信がなかったからです。

スポンサーリンク

薬から自由になり病院から自由になりたい

薬から自由になり病院から自由になりたい

月に一度、心療内科に通うことは結構ストレスです。

いま担当をしてもらっているお医者さんはとても信頼できる方です。

しかしこれまではろくな医者に巡り合うことができませんでした。

パキシルやアルプラゾラムなど依存性の高い薬を使うのは患者を「固定客」として病院に囲い込む意図があるのだと考えています。

薬を使えば薬局も儲かります。

本来病気が良くなるということは薬が不要になり、病院にもいかずにすむ状態になることだと考えています。

もちろん自殺を企図するような重篤な状態なら一時的に落ち着かせるために薬を利用するということはアリだと思いますが・・・。

私の夢は海外で暮らすことです。

それには向精神薬の使用から脱却し、心療内科や精神科にさよならしないといけません。

そのために今一度断薬に挑戦します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました